☆睡眠の重要性No3☆

自覚症状のない「潜在的睡眠不足」に注意が必要です。
眠気を伴わない、「潜在的睡眠不足」が問題となってます。
睡眠不足の有無は眠気をバロメーターとして判断されて
きましたが、潜在的睡眠不足は無自覚で、気付かないうちに
心身に負担を与えることがあります。自覚がないために
その症状が長期化の危険性もあります。
この「潜在的睡眠不足」解消すると、生活習慣病や
ストレスに関わる内分泌機能にも改善がみられるとの事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました